夏が過ぎ、外の気温と貯蔵庫の温度とが同じくらいになる頃に出てくる「ひやおろし」は、江戸時代に誕生し、日本酒の温度で常温の意味を指す「冷や」の状態で「卸す」ことから、そう呼ばれています。

奈良県の今西酒造さんのお酒、みむろ杉 純米吟醸 雄町 ひやおろし。

メロンのようなラムネのような甘い香りと、トロンとした濃度のある芳醇な味わい。

キレも良く、飲み飽きない上品なひやおろしです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA